廃棄物の種類って知ってる?今すぐチェックしてみよう!

廃棄物の種類をみてみよう

一番身近な一般廃棄物とは?

廃棄物は、一般廃棄物と産業廃棄物の2種類に分かれるとお話しました。
まずは、わたしたちに最も身近な、一般廃棄物について見てみましょう。

一般廃棄物とは、わたしたちが普段ごみとして出しているものを指します。
いわゆる生活ごみというものですね。
これは正式な言葉ではありませんが、ごみを出す人が一般的な家庭なのか、それとも事業を行っている会社などなのかによって、それぞれ生活系一般廃棄物と事業系一般廃棄物というふうにも区別されています。

生活ごみの中でも、処理に危険を伴うようなもののことを特別管理一般廃棄物と呼びます。
普通に生活をしていて十分排出される可能性のある廃棄物が指定されています。
例えば、エアコンや電子レンジなどがこれにあたります。
有害とされる物質を含んでいるものも特別な処理が必要とされているので、そういったものである場合は取り扱いに注意しましょう。

産業廃棄物ってどんなもの?

先程は一般的な廃棄物についてご紹介しました。
今度は、わたしたちの生活を支えるもの作りから排出される廃棄物についてご紹介します。

事業をすることで生じる20種類の廃棄物のことを産業廃棄物と呼びます。
産業廃棄物には必ず事業が伴うもので、どんなに量が少なくともこの20種類に含まれる場合は産業廃棄物となります。
ここでは、その中のいくつかをあげてみましょう。

製紙業者や木材を扱う業者であれば、紙くずや木くずが排出されます。
これらはイメージのつきやすい産業廃棄物の1つではないでしょうか。
他にも、機械を動かすために使った廃油や、燃え殻、工場から排出される汚泥などもこれに含まれます。
また、畜産農家が出すごみとして動物たちの排泄物や、亡くなってしまった動物なども産業廃棄物となります。


この記事をシェアする